FASHION

「ヘルシーデニム」の魅力を徹底解剖! 〜デニムジャケット編〜

Share :

こんにちは! ライターの鈴木亜矢子です。

1月は「Healthy denim(ヘルシーデニム)」の中で気になったアイテムをピックアップしてお届けしています。ピックアップアイテムは、先週の記事で力説させていただいた3つ。
今週は、その中から新作のデニムジャケットのコーディネートを、身長152cmなりに研究した結果をお届けします!

まずはフーディをインしたカジュアルなコーディネートから。じゃん!


ノーカラーデニムジャケット : Healthy Denim / Mint
フーディ: upper hights

ノーカラータイプ、かつ、少しゆとりのある身ごろ(しかも、私はXSではなく、あえてSサイズをチョイスしました)なので、一目見たときから、スエットのフーディをインにしたかったんです。デニムジャケットの裾から、フーディの白が少しのぞく感じも含めて、個人的にはまさにイメージどおり、なコーディネートになりました。また、空気がドライな冬は、淡い色がより華やかに映える気がしていて。「Mint」と名付けられたデニムジャケットを一番濃い色にして、ほかは白とグレーでまとめてみました。

それから、顔まわりに明るい色――今回はフーディの白――があると、視線が上がるというのも小柄さん的にはポイント。

こんな感じで、襟つきのデニムジャケットより、首回りがすっきりしているのに、視線を誘い、立体感をしっかりプラスしてくれます。写真では、ちょっと背中のあたりがぽこっとしてしまいましたが(汗)、肩のラインが落ちているので、スエットをインしても、腕まわりがもたつかなかったのも嬉しかったですね!

続いてはきれいめアイテムと合わせたコーディネート。じゃん!


ノーカラーデニムジャケット : Healthy Denim / Mint

ノーカラーの、ほんのりフェミニンなデザインなので、長めのタイトスカートと合わせてもチグハグにならないんです。いわゆるテーラードジャケットを合わせると、“THE”な感じのオフィススタイルになりますが、デニムジャケットだと、今っぽい抜け感を出せるのも個人的にはツボ。

襟元のフリンジも効いてます♡ そして、ボーイズライクなサイズ感も、やっぱり良いですね。寒い、というのもありますが、この時期は、最初のフーディやこちらのタートルネックニットのように、首を覆うものと合わせるのがおすすめです!

まだデニムジャケットだけだと寒いと思いますが、今回ご紹介したヘルシーデニムのデニムジャケットは、適度なハリがありながら、着心地は柔らかいので、文字通りジャケットとして、コートの中にも仕込めるかなと思います。新しい季節に向けて、デニムジャケットを新調しようかなと思っていた方はぜひサイズが揃っているうちに、トライしてみてくださいね。オススメです♡ そして、来週は、ヘルシーデニムの、デニムパンツのコーディネートをご紹介したいと思います。また水曜日に、チェックいただけたら嬉しいです! 今週も最後までありがとうございました。

  • Share :

AYAKO SUZUKI

EDITOR / WRITER

Instagram:ayaco_suzu

大学卒業後、10年間のOL生活を経て、エディターでありスタイリストである大草直子の 事務所に入社。現在は、WEBマガジンの連載やアパレルブランドのカタログ製作など、 撮影、取材、執筆の日々。講談社のWEBマガジン『mi-mollet』では、身長152cmならでは の私服コーディネート が人気。今はまっているものは、おしゃれ、ホットヨガ、チョコレートに甥っ子♡