FASHION

2019夏のVACATION STYLE 〜身長152cmのスカート編〜

Share :

こんにちは! ライターの鈴木亜矢子です。

いやぁ、お暑うございますね。暑い夏が大好き、太陽(日焼け)も大好き、な私にとっては嬉し楽しい限りですが♡ さてさて、こちらの連載、8月は「夏のVACATION STYLE」をテーマにお届けしています。

第二回となる今回ピックアップするのはロングスカート。


Skirt: upper hights Julia

LA出張で滞在していたホテルで撮ったのですが、分かりにくい写真でごめんなさい! こちらは、「Julia」という名がついたupperhightsのスカート。裾にあしらわれたレースがなんとも繊細。とろみのある素材、かつギャザーがたっぷりとられているので、歩くと揺れる様子がなんともドラマティックな一着です。前回のワンピースもそうですが、旅って、観光やお買い物で一日中歩き回ったり、ビーチとホテルを行ったりきたりするから、意外と普段より歩いていたりするんですよね。さらに、外と中の気温差も激しかったりして、とにかく脚がむくみやすいんです。となると、脚を自然とカバーしてくれる、ロングスカートは大活躍。「Julia」はシワになりにくい素材でもあるので、トランクにくるくるっとまるめて入れても、ノーアイロンですぐに着られるんです。まさに、今月のテーマ「VACATION」でノーストレスで着られる一着。

あっ、熱がこもって、「Julia」の魅力説明が長くなりました(汗) 失礼いたしました。
続いては、具体的な着こなしサンプルを

まずは街歩きを想定したコーディネートです。合わせたのは、カジュアルなサーマルトップスにコンバースのスニーカー。両方とも、THEカジュアルなアイテムですが、「Julia」の光沢感や裾のレースがレディな雰囲気をさりげなく漂わせてくれるので、手抜き感はゼロ! リラクシングなのに、ほんのり女性らしさが香るって、VACATIONスタイルに欠かせないポイントだと思うんです。私の根っこが、フェミニン派というところも大きいとは思うのですが、ただのリラックススタイルだと、ご近所感が出てしまって、気分も上がりませんからうね。やっぱり、旅先では、どこかに特別感や女性らしさを漂わせたいのです。それを叶えてくれるのが、この「Julia」ちゃんなんですよね。

もう一つはさらっとタンクトップと。

とってもシンプルなコーディネートですが、私的ポイントは色。白でもなく、ベージュやグレーでもなく、墨黒のタンクトップを合わせました。なぜなら、「Julia」の美しいキャメルを引き立てたかったから。レースの黒とタンクトップの黒でサンドイッチすることで、黒は影の役割に徹してもらい、上品で深みのあるキャメルを主役に。髪はきゅっとタイトに。バッグもクラッチにしたので、これは、カジュアルなディナーに出かけるイメージのコーディネートです。

さてさて、今週もお付き合いくださり、ありがとうございました。来週と再来週は「デニム」で作る、VACATION STYLEをお届け予定です。お楽しみに!

  • Share :

AYAKO SUZUKI

EDITOR / WRITER

Instagram:ayaco_suzu

大学卒業後、10年間のOL生活を経て、エディターでありスタイリストである大草直子の 事務所に入社。現在は、WEBマガジンの連載やアパレルブランドのカタログ製作など、 撮影、取材、執筆の日々。講談社のWEBマガジン『mi-mollet』では、身長152cmならでは の私服コーディネート が人気。今はまっているものは、おしゃれ、ホットヨガ、チョコレートに甥っ子♡