FOOD - COOKING

Vol.4 「Vegetable Curry with carrot rice(ベジタブルカレーとキャロットライス)」

Share :

こんにちは。
「INTHEKNOW」編集部です。

シリーズで不定期での更新になりますが
「Easy Instagrammable Cooking」の連載をスタート♪

毎週月曜日のJOURNAL連載を担当している
TAISUKE TAKEDA のマイレシピをご紹介していきます。

↓↓↓以前ご紹介したレシピはコチラ↓↓↓

【旅先でのコンドミニアムクッキング編】

Easy Instagrammable Cooking vol.1
「Tartar salmon with melba toast (タルタルサーモンのメルバトースト添え)」

Easy Instagrammable Cooking vol.2
「Kale salad with pecan nuts and cottage cheese
(ベイビーケールのサラダ・ピーカンナッツとカッテージチーズのせ)」

Easy Instagrammable Cooking vol.3
「Roast beef with black truffle patty sauce (ビーフランプのロースト・ブラックトリュフソース)」

 


Vol.4「Vegetable Curry with carrot rice (ベジタブルカレーとキャロットライス)」

今週はEntrée Ⅱ
野菜オンリーでもココナッツミルクとギーがあれば

コクのあるやさしいゴロゴロ野菜カレーに!!
by TAISUKE TAKEDA


【材料】
大人 6名分目安



【食材】
カリフラワー  1株 , バターナッツ 1個 , ポテト 1個 , オニオン 1個 , キャロット(細目の場合) 4本
レッドキャベツ 1個 , グリーンビーンズ 適量(お好みで), ホワイトキドニービーンズ 1パック , ジンジャー 2片
ロングレインライス 900g-1㎏目安

【調味料】
ソルト , ペッパー , カレーパウダー , ドライバジル(フレッシュでも可), シュガー , ココナッツミルク , ギー
洋風だしパック , 水 ,


Cooking 1. キャロットライスを作ります。

粗みじん切にしたキャロット(2本分)、みじん切りにしたジンジャーを洗米したジャーの中に入れ、お好みの洋風だしパックと水を入れ一緒に炊きます。
※キャロットから水分が出るので水は少なめに。


Cooking 2.べジタブルカレーの下準備 をします。

野菜を食べやすいお好みの大きさにカットします。
カリフラワー 1株 , バターナッツ 1個 , ポテト 1個 , オニオン 1個 , キャロット 2本 , レッドキャベツ 1個


Cooking 3. 野菜に火を通していきます。

中火で深鍋を温めた後にギーを入れ、溶け始めたらレッドキャベツ、ビーンズ以外の野菜を入れ
野菜全体にギーを絡めます。その後蓋をして蒸します。
※焦げないよう途中数回、蓋をしたまま鍋を振り野菜を転がしてください。


Cooking 4. カレーパウダーを加え煮込んでいきます。

野菜から水分が出て、2/3の量くらいになったら強火にして、ビーンズ、ジンジャーを入れてしばらく炒めます。その後カレーパウダー、ドライバジル、ココナッツミルク 1缶(400ml)、ココナッツミルクの半量くらいの水、洋風だしパックを入れしばらく煮込みます。


Cooking 5. 最後の仕上げ

Cooking4.でしばらく煮込んだ後、レッドキャベツ1/2を入れてさらに煮込みます。全体がなじんだ後にソルト、ペッパー、シュガーで味を調え、スープに適度なとろみがでてきたら、最後に残りのレッドキャベツを入れて出来上がり!
炊きたてのキャロットライスと一緒にどうぞ召し上がれ。


「Vegetable Curry with carrot rice」

オーガニックなら皮ごと食べれられるし野菜の栄養分も存分に摂取できます。
また、ギーはインド発祥の“最高の油”。
アメリカのTIME誌で「最も健康的な食品50」に選出されていて牛や水牛のミルクから不純物などを取り除いた純乳脂肪。
オーガニックスーパーマーケットなどではバターよりも人気があるのだとか…
ぜひお試しを!
by TAISUKE TAKEDA


 

  • Share :

INTHEKNOW Editors

INTHEKNOW 編集部

「INTHEKNOW (インザノウ)」GUEST LISTが運営するウェブマガジン。 ファッション、ライフスタイル、ビューティ、ヘルシー・・・を テーマに、スペシャルゲストのコラム連載や、取材記事に加え、 その時々の旬な情報をリアルに等身大の目線で発信していきます。