FOOD

1日に5000個売れるメロンパンとはいかに?

Share :

利用客数が日本一といわれる東名高速道路にある海老名サービスエリアは、首都圏に近く、1日平均で約10万人もの利用客数を誇っています。
その海老名SAで名物となっているのが、「メロンパン」です。なぜ海老名SAでは、メロンパンが人気になったのでしょうか。

「ぽるとがる」が海老名サービスエリア(下り)で海老名メロンパンを発売したのは1993年。2018年の今年で発売25年になりますが、累計の売上個数は2,500万個と、年間100万個以上を売り上げています。あまりに人気商品なため、現在海老名サービスエリアでは、メロンパン専門の売り場を構えています。

その人気の海老名メロンパンが海老名サービスエリア開業50周年を記念して、2018年4月28~30日の48時間で2万7,503個を売り上げギネス記録まで獲得したほどの人気なんです。

一番人気はメロンパン¥250

他にもメロンパンにはたくさん種類があります。

■プレミアムメロンパン¥280
富良野メロンクリーム入り。

■北海道メロンパン¥230
モチモチの生地でしっとりした食感。

■チョコチップメロンパン¥200

見た目もかわいいご当地クリームパン


■富士山クリームパン¥290

デニッシュ生地に中に程よい甘さのクリームがぎっしり。
見た目もかわいいのでお土産にピッタリ。

カルビーキッチン

揚げたてのポテトチップスが味わえるとして、各地で大人気のカルビーキッチン。
カルビーキッチンではできたてもじゃがりこならぬ「ポテりこ」が食べられます。
かりかりの食感になのに中はじゃがいものほくほく感。新食感が楽しめます。

新宿中村屋のカレー商品

いわずと知られた中村屋のカレーパン。米白紋油(こめしらしめゆ)で揚げたサクサクの衣と、角切り伊達鶏の入ったちょっと贅沢な新宿中村屋のカリーパンがサービスエリアでは初めての出店で
名店の味を旅の途中で味わえるのがいいですよね。
■純印度カリーパン¥300
■とろけるチーズのカリーパン¥300
■国産和牛の贅沢カリーパン¥350


■新宿カリー濃えび¥600

ふわっと溶けるような軽い食感の生地にえびの旨みとスパイスカリーの濃厚な味わいをあわせた
新感覚のカリースナック。えび味はエビパウダーとエビ油のダブルの味付けで濃厚に仕上げ、
カリー味は新宿カリーあられにも使用している、カリー粉とスパイスを加え、本格感と奥深さが味わえます。
こちらの商品はサービスエリアだと海老名のみ、そのほかも新宿、東京、羽田空港でしか買えない限定品です。

うまいもの横丁は屋台の宝庫

お祭りの屋台のような雰囲気から揚げ専門店の「からから家」、「肉巻きおにぎりコーナー」など10店舗に加えて、
「お好み焼き」などを販売する店舗もあるので、おやつ感覚でもガッツリと食事もできる空間です。

東名高速の海老名サービスエリアは全国のサービスエリアの中でもトップクラスの規模・設備を備えます。
特に美味しいお店がとても充実しており、名物の 海老名メロンパンなど、ここでしか買えないおいしい食べ物がたくさんあります。ぜひ旅の休憩に立ち寄ってみてください。

  • Share :

AKIRA ENOMOTO

FASHION PR

Instagram:akira.eno

3度の飯と寝るのが好き!かなりのインドア派で、休日は家にいるか旅行するかの極端。犬2匹と同居中の愛犬家でもあります。ファッション、FOOD、ライフカルチャーなど枠にとらわれず今気になっているものをメンズ目線でお届けします。