FOOD

「奇跡の野菜、食べる輸血」なんて言われるビーツをつかった簡単レシピ!

Share :

最近、健康への関心が高い人たちの中で、注目されているのがビーツから摂取することができるNO(一酸化窒素)です。
簡単にいえば、感染や炎症を防ぎ、血行を改善し、血液もサラサラになるんだとか。結果健康な血液を手にいれれば、持久力や疲労回復にも効果を発揮して、代謝もあがり、動けるのでダイエット効果も期待できて、キレイになれちゃうようなのです。それ以外にも鉄分や、食物繊維も豊富で、まさに女性にはうれしいこと尽くめの野菜ですね!

そんなビーツを使って温かいロシアの定番ボルシチをご紹介したいと思います。最近はスーパーでの取り扱いも増えていますが、もし手に入れるのが難しい場合には冷凍や缶詰もあるようなので、ビーツを食べて春に向けてキレイを手に入れましょう!

フライパン1つで作れるロシアの定番ボルシチ

材料【2人分】

牛肉(薄切り)150g/ビーツ150g/キャベツ50g/玉ねぎ50g
にんじん30g/ガーリック2粒
水400ml/トマトピューレ100cc/コンソメ顆粒 小さじ1
塩・コショウ適量(お好みで)
砂糖 小さじ1/2/バター 15g/赤ワイン大さじ2杯
刻みパセリ 適量(お好みで)/サワークリーム 適量(お好みで)


1.ガーリック以外の野菜を千切りにします。ガーリックは乱切りで大丈夫です。
牛肉もスティック状を切っておきます。


2. フライパンにバター半量と牛肉を入れ炒めて、塩コショウをかるくして、一度別の容器に取り出しておきます。


3.2のフライパンに残りのバターを入れ、ガーリック、玉ねぎ、にんじんを中火でゆっくりと焦がさないように玉ねぎが黄金色になるまで炒めます。


4. 3に残りの野菜を入れキャベツがしんなりとしたら、牛肉、水、トマトピューレ、コンソメ、赤ワインを入れ、一度沸騰させアクを取り、その後野菜がやわらかくなるまで煮込みます。その後、砂糖、塩、コショウをして味を調整します。


お皿に盛り付けてサワークリームとパセリを散りばめればできあがり!

ビーツの栄養を出来るだけ摂取するためには色素であるポリフェノールが大切なので皮のまま使うことをおススメします。またサラダなどに加熱して使う際には色が抜けないよう、お酢をほんの少し入れると脱色が防げますので。
ぜひお忘れなく!

  • Share :

TAISUKE TAKEDA

FASHION PR

Instagram:taitaitainy

PRディレクター。NYより帰国後、THEORY, PLST, True ReligionなどのブランドPRを経て、現在はRED CARD, upper hights, HAUNT, Leminor, GLOVERALLなど国内外のPRを中心に活躍。