FASHION

今っぽい華やぎが手に入る「SOKO」のアクセサリー

Share :

こんにちは! ライターの鈴木亜矢子です。

12月は「カジュアルドレスアップ」をテーマにお届けしてきましたが、今週はカジュアルドレスアップスタイルに華やぎをプラスしてくれるアクセサリーを紹介したいと思います。

選ばせてもらったのはこちら!

左から パドルネックレス/SOKO , ゴールドピアス/SOKO ,
水牛角ピアス/SOKO , ゴールドバングル/SOKO

先々先週UPしたコーディネートの中でも実は身につけていました♡
アクセサリーに寄ったカットで、振り返ると、、、

まずはジャガードシフォンの、LITRALのワンピースのとき。じゃん!

ゴールドピアス/SOKO

大振りのゴールドのピアスです。ワンピースは、ジャガードシフォンという、軽やかで女性らしい素材で仕立てられていますが、身長152cmの私にとっては長めの丈。ということで、視線を上にあげるべく、ネックレスやブレスレットはナシ。潔くピアスのみにしました。フープっぽいデザインに見えますが、縦長、かつちょっぴり角のあるかたちなので、私の丸顔をシャープに見せてくれます。また、このピアスの存在感を生かせば、着こなし全体もモードに、今っぽく仕上がりそうと思い、ヘアもタイトにまとめて、ピアスを目立たせました。

続いては、セットアップのとき。じゃん!

パドルネックレス/SOKO , ゴールドバングル/SOKO

ワンピースのときとは趣向を変え、ネックレスとブレスレットを。黒のタートルネックニットをキャンバスに見立てて選びました。黒の洋服にゴールドのアクセサリーってなんだか迫力がでるというか、バブリーでひと昔?いやふた昔前の人っぽくなってしまうリスクがありますが、SOKOのゴールドなら大丈夫。というのも、SOKOのゴールドは黄味が強くなく、ちょっぴりアンティークっぽい味のある色味なのです。デザインも、どこか凛々しいというか、気骨があるというか。芯の強さを感じるものなので、ゴージャスというより、エッジィでモードな雰囲気をまとわせてくれるんです。まさに、今の気分にぴったり!

ネックレスは長めに、バングルはニットの上につけて、アクセントとして効かせました。同じブランドのアクセサリーはやっぱり相性が良く、コーディネートとしてまとまりがでますね。

最後に、おまけを。ワンピースのアレンジバージョンとしてご紹介した、ニットを重ねたカジュアルなコーディネートのときも、SOKOのピアスをつけていました。じゃん!

水牛角ピアス/SOKO

ニットもキャスケットもマットなグレーなので、ピアスのゴールドと白で光を足しました。正直、このコーディネートのときに、アクセサリーをどうするか迷ったのですが、シルバーより暖かみがあって華やか、ゴールドだけより、カジュアルなスタイリングに馴染むかなと思い、このピアスをチョイスしたのでした。

さぁ、本連載も2019年は今日が最後。今年の5月にひっそりとスタートした連載でしたが、8か月間お付き合いくださり、本当にありがとうございました! 引き続き、来年も、身長152cmなりのおしゃれ奮闘記を地道に綴っていきたいと思いますので、なにとぞ、宜しくお願い申し上げます!

良いお年をお過ごしくださいませ。
HAPPY HOLIDAYS♡♡♡


過去記事一覧「ROAD TO FIND A 152cm STYLE

  • Share :

AYAKO SUZUKI

EDITOR / WRITER

Instagram:ayaco_suzu

大学卒業後、10年間のOL生活を経て、エディターでありスタイリストである大草直子の 事務所に入社。現在は、WEBマガジンの連載やアパレルブランドのカタログ製作など、 撮影、取材、執筆の日々。講談社のWEBマガジン『mi-mollet』では、身長152cmならでは の私服コーディネート が人気。今はまっているものは、おしゃれ、ホットヨガ、チョコレートに甥っ子♡