FASHION

多分世界初♡トープのデニム! 大活躍の予感

Share :

JAPAN DENIMを世界に発信する岡山から、びっくりするようなデニムが生まれました(笑)。

その新しさ! 形や加工ではなく、色。はい、色です。
本来、デニムの色は、インディゴの濃淡、ブラックからグレーにかけてのグラデーション、という具合。
今回、5回以上の色出しテストを経て完成したのは、「エタン」というカラー。

な、なにこの絶妙な!ベージュともグレーとも言えない、そう、いわゆるトープ色。
エルメスのバッグやブルネロ クチネリのカシミヤニットや、ボッテガヴェネタのイントレチャートのウォレットなど。
素材の上質さと、曖昧で繊細な色出しは、名だたるブランドのアイコニックなアイテムに見ることができるけれど、デニムにそれが採用されるなんて。

す、すごい。でも、何でアッパーハイツは、こんな大変なことに着手したんだろう(笑)。

デニムって、もちろん万能で。どんな色やアイテムとも相性が良いからこそ、「困ったときのデニム頼み」みたいなところがあります。
きっと、コーディネートが最後どうにもならないときや、汚れても洗えるから良いや、と言った、少し投げやりな理由で手に取ることが多いからこそ。
「この色の、この素材でないと」と、おしゃれの機動力でありたい、と思ったのかなあ、なんて妄想しています。

ベージュ、グレー、両方入っているから、ブラックブラウン、どちらのベクトルにもいけるし、パステルなどのフラジャイルな色合わせにもぴったり。

かなりデニムの数を持っていますが、丁寧に大事にはきたい「エタン」です。あ、形は大好きなリップスティックというラインです。

 


【関連アイテム】
upper hights(アッパーハイツ)  / THE LIPSTICK 

  • Share :

NAOKO OKUSA

STYLIST

Instagram:Naoko Okusa_Official

1972年生まれ。大学卒業後、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社。雑誌「ヴァンテーヌ」の編集に携わったのち、独立。新聞、カタログを中心にスタイリング、エディトリアルをこなすかたわら、広告のディレクションやトークイベント出演、執筆業にも精力的に取り組む。プライベートでは3児の母。