FASHION

アンダー155cmでもロングコートを諦めない! 〜アイボリーのチェスターコート〜

Share :

こんにちは! ライターの鈴木亜矢子です。
「ロングコート」をテーマにお届けする11月。選んだのは、ステートオブマインドのもの。


左:chester coat / 右:gown coat

それぞれに気になった私的ポイントは、先週、色々と語らせていただきましたが、今週は、アイボリーのコートのコーディネートに挑戦!

まずは、スタンダード(というか、チャレンジングなアイテムのときに頼りたくなる)デニムと合わせました。じゃん!

はい、身長152cmの私が着ると、ふくらはぎは見えないくらいの丈感です。スニーカーやフラットシューズと合わせても良かったのですが、足の甲で“抜け”を出したかったので、パンプスをチョイスしました。小さいようで、これがあるとないとでは大違い。

そして、肝心のコートですが。共布のベルトでウエストをきゅっと絞り、ブラウジング。砂時計型のシルエットにしました。後ろから見るとこんな感じです。

先週も触れた、後ろのタックが良い感じのアクセントに。

ちなみにコートを脱いだときのコーディネートはこんな感じでした。


ニット:STATE OF MIND pearl turtle knit / デニム:upper hights THE EIGHTY’S

超がつくほどシンプルなタートルニット+デニムですが、先の写真のようにコートのアイボリーが加わり、白の分量が増えると、ぐぐぐっと洗練された雰囲気に仕上がります。短いボブヘアをきゅっとまとめたのもポイント。黒の分量を減らすことで、軽やかになります。

続いては、オフィスにも行けそうなON STYLEのコーディネート。

インナーはライトグレーのワンカラーコーディネート。このコーディネートでは、スニーカーにもトライ。パンツがワイドということもあり、コンバースのスニーカーで支えてみました。いかがでしょう? 意外とまとまったかなと思っています(ポジティブ!)。

そしてね、何より、お伝えしたかったのが、この後ろ姿なんです!

ベルトを締めず、いわゆる“着流し”にしただけなのですが、程よくAラインシルエットになるんです。うん、今っぽい! マニッシュなグレーと白の組み合わせも、このコートのシルエットがあると、女性らしさがほのかに漂います。

冬の主役でもあり、予算もかかるコートでアイボリーを取り入れるのって、勇気がいりますが、ステートオブマインドのこのコートなら、37,400円(税込!)。これなら、トライする価値はあるのでは?と思っています。

さてさて、来週は、もう一つの、キャメルカラーのガウンコートのコーディネートを研究したいと思います。また、水曜日にお会いできますように♡


ROAD TO FIND A 152cm STYLE記事一覧

  • Share :

AYAKO SUZUKI

EDITOR / WRITER

Instagram:ayaco_suzu

大学卒業後、10年間のOL生活を経て、エディターでありスタイリストである大草直子の 事務所に入社。現在は、WEBマガジンの連載やアパレルブランドのカタログ製作など、 撮影、取材、執筆の日々。講談社のWEBマガジン『mi-mollet』では、身長152cmならでは の私服コーディネート が人気。今はまっているものは、おしゃれ、ホットヨガ、チョコレートに甥っ子♡