FASHION

大人のこなれ「スウェットスタイル」研究中!〜フーディ編〜

Share :

こんにちは! ライターの鈴木亜矢子です。

10月は「スウェット」をテーマにお届けしています。選んだのは、upper hightsの「COLLEGE(カレッジ)」というライン。今週はその中でも、フーディのコーディネートを分析したいと思います!

まずは、「アイテム」にクローズアップした、先週のおさらいを


upper hights:左 COLUMBIA / 右 DARTMOUTH

フーディはフロントにポケットがあるコンパクトタイプ(COLIMBIA)、ポケットがサイドスリットデザインになっているゆったりタイプ(DARTMOUTH)の2タイプあります。色はともに2色展開。ミルクたっぷりのカフェラテのような「サンド」と、濃―いブラウンの「エスプレッソ」。

私は写真にあるとおり、コンパクトタイプはエスプレッソ、ゆったりタイプはサンドをチョイスしました。
まずは、ゆったりタイプからトライ! じゃん!!


upper hights:DARTMOUTH

今っぽさ抜群の、ゆったりシルエットなので、シンプルにデニムと合わせるだけでも、こなれた感じになるのですが、ほかにどんな着回しがあるかな〜と考えをめぐらせて、たどり着いたのが↑のコーディネート。カジュアルなアイテムも、スポーティなアイテムも大好きなのですが、根っこが“フェミニン派”なので、必ずどこかに女性らしさは残したくて。ロングのタイトスカートを合わせて、Iラインを作りました。

身長が152cmと低いので、Iラインシルエットを作るのって難しいのですが(長方形ではなく、正方形に近くなってしまう(涙))、このフーディはフードがしっかり立ち上がって、視線を顔まわりに集めてくれるので、しっかり細めの長方形に見えるんです。

フードは大き過ぎないところも◎! あまり大きいと幼く見えるリスクがあるので。しかも柔軟剤仕上げをされているとのことで、肌当たりが柔らかいのも嬉しい♡

続いては、コンパクトタイプのコーディネートです


upper hights:COLIMBIA

コンパクトタイプは、やっぱり小柄さんに優しいですね。しかも、かわいげもあるので、フェミニン派としても嬉しい。マキシ丈スカートやワイドシルエットのパンツと合わせると、フィット&ボリュームシルエットになり、間違いなくキマりますよね。スタイルUP効果もあります。さらに、「エスプレッソ」というカラー名のとおり、シックなダークブラウンなので、しっかり大人見えします。

今回はブラックのフェイクレザースカートと合わせて、とことんシックな色合わせに。その分、フィット&フレアシルエットでフェミニン要素をプラス。足の肌も少し見せてあげることで抜けもつくりました。ショルダーバッグを斜めにかけて、軽やかに休日デートを楽しみたい装いです(完全に妄想(笑))

改めて、「スウェット」って可愛いですね。とくに、upper hightsの「COLLEGE」のスウェットは、ご近所感・手抜き感とは無縁で、鮮度の高いカジュアルが作れますし。うーん、さすがupper hightsとしか言えません。

来週はスウェットトップス(STANFORD )をクローズアップしたいと思います。また水曜日に!

  • Share :

AYAKO SUZUKI

EDITOR / WRITER

Instagram:ayaco_suzu

大学卒業後、10年間のOL生活を経て、エディターでありスタイリストである大草直子の 事務所に入社。現在は、WEBマガジンの連載やアパレルブランドのカタログ製作など、 撮影、取材、執筆の日々。講談社のWEBマガジン『mi-mollet』では、身長152cmならでは の私服コーディネート が人気。今はまっているものは、おしゃれ、ホットヨガ、チョコレートに甥っ子♡