LIFE STYLE

出来たての香りを提供する研究室

YURI(Conceptor)

2019.10.01

Share :

NY発のフレグランスブランドLE LABO(ルラボ)の1号店に行っていきました。

SOHOのすぐ隣、ノリータ地区の小さなセレクトショップや飲食店が並ぶエリザベスストリートに2006年にオープンしたお店。

店内もスタッフも来店者もみんなお洒落で気持ちが高まる空間。カウンターの中にはビーカーや試験管が並び、LE LABOの由来の通り、研究室がイメージされています。

そして、最大の魅力は好みの香りを選んだら、専門のスタッフがその場で最終の調合を行い、とても新鮮な状態でお客様へお渡しする事です。通常の香水は大量に作られ在庫を販売していますが、ルラボの香水は香りの持ちが断然違うそうです。

ここまで来たらゆっくり香りを選び、目の前で調合された香水を買ってみたかったのですが、今回は時間に限りがあったのでハンドソープとマッサージオイルを購入。

ラグジュアリーホテルのアメニティでも使用されているだけあって、香水以外のバスグッズなども豊富でした。私が購入したハンドソープはヒノキの香りの1種類のみ。

これが驚くほどいい香りで、なかなか言葉では伝わりづらいですが、清々しくしく爽やかなヒノキというより、濃厚でセクシーなヒノキの香。
香りがしばらく手るので、寝る前に使うと素敵な香りに包まれすごくリッチな気分になります。ハンドソープでこれだから、ボディーソープはもっと贅沢気分だろなぁと機会があれば試してみたいです。

そしてもう1つが、マッサージ&バスオイル
オイルは香水同様種類があったのですが、私は”LYS 41”という香りを選びました。

ビタミンやホホバ、アロエ、ココナッツなど天然成分を含んでいるのでまず塗るだけで、肌が柔らかくしっとり。時間がある時は浴室内で丁寧に全身をマッサージして、そのまま湯舟に入ったりしてます。
もちろんバスオイルなので面倒くさい時は湯銭に数滴垂らすだけでも十分香りを楽しめリラックス。これから乾燥の季節にはとっても重宝しそうです♡

デスクワークの時に、気分転換や首筋や肩回りをほぐすのにも良さそうですね♪

LE LABO 公式サイト

  • Share :

YURI

コンセプター

Instagram:yuri_press

2019S/Sシーズンよりスタートするアパレルブランド『LITRAL (リトラル)』のコンセプター。 Concept Shop の Sales person を経て、Sales、Digital Marketingの経験後、Owned Mediaにて Digital施策の企画立案やSNS Communicationを担当。現在、WEBサイトや自身のSNSアカウントにおいて、リアリティーあるスタイル提案やコーディネート紹介などが好評を得ている。