憧れのアスティエへ

Share :

先週まで、ミラノ&パリへ9日間の出張へ行っていました。
最終日に訪れたのは白い陶器で有名な「アスティエ・ド・ヴィラット」。何度かお店の前を通った事はありましたが、入店したのは今回が初めてでした。

柔らかな光が綺麗な店内は壁一面に作品が並び、奥の部屋には素敵なお皿が・・・

パリ郊外の黒土を使用し、アトリエで1点1点丁寧に作られた作品は、薄く繊細でどれもため息が出るほど美しい。同じデザインでも、ハンドメイドだからこそのムラや歪みでそれぞれの味があり、色々見比べ自分のお気に入りの1点を探すのも楽しかったです。

初心者の私はまずお皿から。

縁のデザインが太陽の様で気に行った大皿と、クラシカルなデザインの楕円のお皿を購入。

後から調べたら、このネジネジ模様はチェーンをイメージしてあしらった「アテネ」というシリーズだそうです。そして太陽だと思った大皿は、しずくが落ちた際にできる王冠をイメージした「リヴィエール(川)」というシリーズでした。笑
アスティエでは様々なシリーズがあるので、こつこつ集めて行くのも良いですね♪

花瓶も素敵でしたが、ぐっとお値段が上がったので今回は我慢!!

高価で繊細な織機を日本に持ち帰るのは、不安でしたが、噂通り、店員さんがしっかり梱包してくれました。

真っ白な陶器がイメージのアスティエですが、色鮮やかな文具なども取り扱ってたので、お土産にも良さそうですね♪

そんなこんなで、大事に持って帰って来た初めてのアスティエ。どんな料理を乗せようか今から使うのが楽しみです。

【SHOP INFORMATION】
Astier de Villatte
173 Rue Saint-Honoré, 75001 Paris

  • Share :

YURI HAYASHI

LITRAL CONCEPTER / DIGITAL MARKETER

Instagram:yuri_press

2019S/Sシーズンよりスタートするアパレルブランド『LITRAL (リトラル)』のコンセプター。 Concept Shop の Sales person を経て、Sales、Digital Marketingの経験後、Owned Mediaにて Digital施策の企画立案やSNS Communicationを担当。現在、WEBサイトや自身のSNSアカウントにおいて、リアリティーあるスタイル提案やコーディネート紹介などが好評を得ている。