FASHION - NEWS

日本製を貫きながら、 ベーシックでリアルな服。 それがTHYARDの コンセプトです。 byTHYARDデザイナー鈴木智博 氏

Share :

素材作りから縫製まで、すべての工程を日本国内で行う「THYARD (スヤード)」 。着心地のよさと日常に溶け込むベーシックなデザインにこだわったアイテムが注目を集めています。デザイナーである鈴木智博さんに、ブランドへの思い、そしてこれからのTHYARDについて伺いしました

「THYARD」を立ち上げる以前は、アパレルブランドで販売員をしたり、スポーツウェアを扱う企業でデザイナーとして経験を積んでいましたが、その頃から“日本製”というキーワードはずっと意識していました。それは素材だけでも、技術だけでもなく、両方で日本製を実現させたいというもの。そう思うようになったきっかけは、僕の生まれ故郷である三重県の地場産業で作られるスマイルコットンとの出会いが大きかったですね。僕自身のブランドを立ち上げるときには絶対にスマイルコットンを使いたいと思っていました。

スマイルコットンとは、糸の加工から生地の製造まで日本国内で行っていて、肌触りや吸水性がよいうえ、乾きやすいコットンのこと。現在「THYARD」では、スマイルコットンを軸に、使いやすさや着心地を重視し、日常に取り入れやすいリアルでベーシックなアイテムを作っています。2019年春夏シーズンは、カットソーをメインにした「BASIC」なラインに加えて、別注ラインの「MADE IN FACTORY」で布帛アイテムからニット、カットソーなどトータルで展開しています。

デザイナーである僕自身も三重県に拠点をおいているので、たとえば東京を拠点しているよりもスピード感はないかもしれませんが、ものづくりに集中できるし、生地工場や縫製工場と距離が近いので、細かなことにもすぐ対応できるのはいいところかなと思っています。

合同展示会などに出店すると、国外からの“日本製”へ需要の高さが実感します。これからも当初のコンセプトである高品質な日本製に貫くと同時に、その製品や技術をもっともっと海外に向けて発信していきたいと思っています。

Q.子どもの頃、好きだったコーディネートや服は?
子供の頃は赤が好きで、コーディネートの一部に赤いアイテムをよく取り入れていました。

Q.欠かさず持っているモノは?
「フリクション」のペン。何かよいアイディアが浮かんだときにさっと書きたいから。

Q.最近、ファッション以外で買ってよかったモノは?
メガネ。かけるだけで印象を変えてくれる。

Q.リラックスしたり、リフレッシュするためにしていることは?
入浴。夜10分は湯船に浸かるようにしてリラックスしています。あとは他業種の人と会うこと。いろいろな話をすることで、頭をリフレッシュさせることができる。

Q.昨日のお昼ご飯は?
来来憲のとんてき

【関連サイト】
HAUNT別注のサーマルクルーネックカットソーをHAUNTにて展開中

  • Share :

INTHEKNOW Editors

INTHEKNOW 編集部

「INTHEKNOW (インザノウ)」GUEST LISTが運営するウェブマガジン。 ファッション、ライフスタイル、ビューティ、ヘルシー・・・を テーマに、スペシャルゲストのコラム連載や、取材記事に加え、 その時々の旬な情報をリアルに等身大の目線で発信していきます。