FOOD - COOKING

バーミックス社 ハンディブレンダー

Share :

ariko/アリコ/ありこ/キッチングッズ/キッチンツール /副菜の鬼/bamix/handyblender/basil/pasta/pesto/バーミックス/ハンディブレンダー/バジル/パスタ/ペスト/cherryterrace/チェリーテラス/代官山

結婚してほぼ30年、嫁入り道具として持ってきたのが今回ご紹介するバーミックス社のハンディブレンダーだ。我が家の定番であるにんじんスープを始め、バナナミルクやイチゴジュース、新玉ねぎで作るドレッシングなどを作るのに欠かせない、まさに縁の下の力持ち的存在でこれがないと立ち行かなくなるほど。何が使いやすいって、とにかくシンプルで簡単に操作できるのがいい。片手で持てる細長のボディの先に鋭い刃を取り付けて野菜やフルーツの入った鍋やボウルに直接突っ込んでガーッと回すだけであっという間になめらかな状態になる。

ariko/アリコ/ありこ/キッチングッズ/キッチンツール /副菜の鬼/bamix/handyblender/basil/pasta/pesto/バーミックス/ハンディブレンダー/バジル/パスタ/ペスト/cherryterrace/チェリーテラス/代官山

それまではミキサーやフードプロセッサーなど、いちいち容器に移してから作業をして、使った後はまた取り外して洗わなければいけないのがとにかく面倒臭さかった。でもこのバーミックスはまるで自分の手の延長のように自在に使えて、使った後は小さな刃を取り外してチャチャっと洗えばOKというのがなんとも嬉しい。刃を替えれば硬い野菜をみじん切りにするのも塊肉をひき肉にすることも可能だ。毎日のように使ってこの30年故障ひとつしない丈夫さにも驚かされるが、さすがに刃が緩むようになってしまったので昨年新調することにした。

ariko/アリコ/ありこ/キッチングッズ/キッチンツール /副菜の鬼/bamix/handyblender/basil/pasta/pesto/バーミックス/ハンディブレンダー/バジル/パスタ/ペスト/cherryterrace/チェリーテラス/代官山

バーミックスの代理店である代官山のチェリーテラスに足を運び、いろいろ見せてもらって新しいバーミックスとそれに接続して使うものをいくつか揃えた。ドレッシングやマヨネーズなどのオイルや酢の割合がプリントされたドレッシングボトルに、長めのカッターを差し込んで使う透明なボウルはを購入。このボウルは少量のペーストやソースを使うのに便利に使える。

ariko/アリコ/ありこ/キッチングッズ/キッチンツール /副菜の鬼/bamix/handyblender/basil/pasta/pesto/バーミックス/ハンディブレンダー/バジル/パスタ/ペスト/cherryterrace/チェリーテラス/代官山

フレッシュのバジルで作るジェノベーゼ用のソースも簡単にできて、香りがいいのでですっかりハマってしまった。鮮やかなグリーンが美しく、フレッシュな風味のバジルソースは自家製ならではの楽しみ。1回ずつ使い切れるくらいの量を気軽に作れるのが嬉しい。よく作られているジェノベーゼソースのレシピにはバジルに松の実やニンニクにパルミジャーノやペコリーノなどのチーズとオリーブオイルを使うものがよく知られているが、私はフレッシュさを楽しみたいので塩気のあるチーズは使わず、バジルと松の実、少量のニンニクのみを使う。オイルも酸化しやすいオリーブオイルではなく、軽やかなグレープシードオイルを使っている。このレシピで作るときれいなグリーンに仕上げることができる。

ariko/アリコ/ありこ/キッチングッズ/キッチンツール /副菜の鬼/bamix/handyblender/basil/pasta/pesto/バーミックス/ハンディブレンダー/バジル/パスタ/ペスト/cherryterrace/チェリーテラス/代官山

作り方はフレッシュなバジルの葉をたっぷりと用意して、水に茎部分を浸して葉をパリッとさせてから葉だけを摘んでおく。そしてまず、ブレンダーの容器に松の実とニンニクとグレープシードオイルを入れてまずなめらかになるまで回し、そこにバジルの葉を何回かに分けて入れて回して仕上げる。この自家製バジルソースを使えばジェノベーゼパスタも簡単。しっかり塩を入れた湯でパスタと小さく賽の目切りにしたじゃがいもと途いんげんを時間差に加えて茹でてザルの上げ、バジルソースと一緒にパルミジャーノやペコリーノをたっぷりすり入れ、上質なオリーブオイルも加えてよく合えれば完成。

ariko/アリコ/ありこ/キッチングッズ/キッチンツール /副菜の鬼/bamix/handyblender/basil/pasta/pesto/バーミックス/ハンディブレンダー/バジル/パスタ/ペスト/cherryterrace/チェリーテラス/代官山

またこのソースを今が旬のタケノコをアンチョビと炒めたところに、仕上げに垂らしてみたところ、香りも良く絶品に仕上がった。ソースは余分に作って冷凍することも可能だ。ジップロップなどのフリーザーバッグに空気が入らないように入れてしっかり閉じて冷凍庫へ。薄く伸ばしているので使いたい分をパキッと割って使うことができるのでストックしておくのもおすすめだ。


フレッシュジェノベーゼソース

ariko/アリコ/ありこ/キッチングッズ/キッチンツール /副菜の鬼/bamix/handyblender/basil/pasta/pesto/バーミックス/ハンディブレンダー/バジル/パスタ/ペスト/cherryterrace/チェリーテラス/代官山

<材料>(作りやすい量)
バジルの葉 60g
松の実 30g
ニンニク 1/4かけ
グレープシードオイル(太白ごま油でも)100ml

<作り方>
1.バジルの葉は茎を水に浸してパリッとさせてから葉だけを摘む。
2.松の実はフライパンで軽く炒って冷ます。
3.グラインダーのボウルに松の実とニンニク、オイル50mlを注いでなめらかなペースト状になるまで回す。
4.バジルの葉と残りのオイルを数回に分けて加え、その都度グラインダーを回してなめらかに仕上げる。


ジェノベーゼパスタ

ariko/アリコ/ありこ/キッチングッズ/キッチンツール /副菜の鬼/bamix/handyblender/basil/pasta/pesto/バーミックス/ハンディブレンダー/バジル/パスタ/ペスト/cherryterrace/チェリーテラス/代官山

<材料>(1人分)
パスタ 80g
ジェノベーゼソース 50ml
いんげん 3本
じゃがいも 30〜40g
パルミジャーノレッジャーノ 大さじ2
エクストラヴァージンオリーブオイル 適量

<作り方>
1.鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩(湯の1パーセント、分量外)を入れて、パスタと皮をむいて1センチ角に切ったじゃがいもを入れて茹でる。
2.袋の表示時間より3分前に3センチに切ったいんげんを加え、表示時間1分前にザルに上げてざっと水気を切る。
3.ボウルにジェノベーゼソース、2のパスタ、じゃがいも、いんげん、おろしたてのパルミジャーノレッジャーノを入れて、オリーブオイル小さじ2程度を入れて混ぜる。
4.器に盛り付け、好みでパルミジャーノをおろしかける。


商品情報
バーミックス社 ハンディブレンダー

  • Share :

ariko

エディター / ライター

Instagram : ariko418

「CLASSY.」「VERY」などファッション誌の表紙などを担当するエディター、ライター。インスタグラムに投稿するセンスあふれる料理写真や食いしん坊記録で話題に。Instagramのフォロワーは16万人越え。著書に「arikoの食卓」シリーズ(ワニブックス)、「arikoのパン」(主婦の友社)「ありこんだて」(光文社)など。また「おいしいルーティン」(講談社)に続いて、2月25日には「副菜の鬼」(主婦の友社)も発売