FASHION

アシッドカラー、という新色で、 NEWデニムスタイルを

Share :

トープカラーやグレージュ――アッパーハイツの発表する、新しいデニムのプレゼンテーション。その進化が止まりません。今回発表されたのは、アシッドカラー。インディゴ染めのブルーとは違う、ヴィンテージライクなブルー(私にはグリーンが入っているように見える、絶妙な色合い)。

独特の染色方法を採用しているため、こんな絶妙なブルーになるそうです。ここまで来ると、アッパーハイツの12色パレット、とか作ってほしいくらい♡

カリフォルニアのサーファーがはいていそうな(妄想です)、少し夏っぽいブルーは、素材や色が濃く深くなる秋冬にも、決して埋もれず活躍してくれそうです。


デニム:upper hights

というわけで、秋が来るのが早かった今年は、黒と合わせても既にヘビロテ中。ミッドライズで腰回り太もものわたりにゆとりがあって、裾に向かってテーパードになっている「THE NINETY’S」だから、夏の終わりのサンダルから、秋のショートブーツまで「靴を選ばない」シルエット。

はいていくシーン、気温や季節を選ばないのも嬉しい。プラス、去年までの定番のワードローブを新鮮に見せてくれる色だから、どんどんはく予定です♡

  • Share :

NAOKO OKUSA

スタイリスト

Instagram:Naoko Okusa_Official

1972年生まれ。大学卒業後、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社。雑誌「ヴァンテーヌ」の編集に携わったのち、独立。新聞、カタログを中心にスタイリング、エディトリアルをこなすかたわら、広告のディレクションやトークイベント出演、執筆業にも精力的に取り組む。プライベートでは3児の母。