FASHION

コペンハーゲン 特集 - Vol. 12

Share :

皆さまお花見は楽しめましたか?
私は週末に両親を連れて、富士の麓にある祖母のお墓参りへ行ってきました。都内はすっかり葉桜になってしまいましたが、こちらは満開でした。園内の沿道には満開の桜がピンク色のアーチを作っていて、それはもう美しい光景でした。

さて、本日は「MOON」のお話の第2弾です。今回は彼らのアトリエにお邪魔して撮影打合せの他、取材をさせていただきました。そちらの模様をご紹介させていただきます。

Q1. 注目しているブランドとは?

A. Cecilie Bahnsen, SUNFLOWER, もちろんRED CARDやupper hightsもですが…(笑)デンマーク出身のデザイナーたちでブランドデビューから一緒に仕事をしているので、今後の活躍にはとても期待しています。また、RED CARDやupper hightsもグローバル展開を目指しているそうなので、我々のノウハウを生かして今後もグローバル展開のお手伝いができたらと思っています。

Q2. 現在のデンマークの若者はどのようなことに感心を寄せているのでしょうか?

A. 最近の若者は以前ではありえなかったのですが、ジャパニーズスタイルのレストランやカフェ文化に興味も持っているような気がします。量よりも質というか、丁寧に作られたものや大量生産されてないものに魅力を感じているようです。また、服に消費するよりも家具やデザイン性に富んだものにお金を消費する傾向にあるようです。

Q3.ずばり今後の「MOON」の未来予想図は?

A. 過去にHAYにてSONOSのスピーカーのキャンペーンが成功をおさめたようにジャンルに執着せず色々な取り組みをしていきたいと思っています。また春にデンマークで初出店されるユニクロのオープンプロジェクトの依頼があったり、今からワクワクするようなプロジェクトも始まっています。“Make change Happen”の精神で色々なことをカタチに出来るチャレンジをこれからもしていきたいですね!

以上、長きにわたりコペンハーゲンでの出張のお話をさせていただきましたが皆さま楽しんでいただけましたでしょうか?来週からはファッションプレス視点からは変わらずに!?様々な記事を書いていきたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

The end …

【関連リンク】
MOON OFFICIAL SITE
MOON INSTAGRAM

  • Share :

TAISUKE TAKEDA

FASHION PR

Instagram:taitaitainy

PRディレクター。NYより帰国後、THEORY, PLST, True ReligionなどのブランドPRを経て、現在はRED CARD, upper hights, HAUNT, Leminor, GLOVERALLなど国内外のPRを中心に活躍。