FASHION

Vol.5 深まる秋に、「バック トゥ ベーシック」なアイテムを

Share :

みなさん、こんにちは! エディターの三尋木奈保です。秋も深まってきましたね。この時季はなぜか、端正でベーシックなワードローブに立ち返りたくなりませんか? 木々が色づきはじめて、冬の一歩手前、ちょっと肌寒いけれど過ごしやすい秋の気候は、人の気持ちを穏やかに冷静にリセットしてくれる作用があるような。今回は、「ステートオブマインド」らしい上質でシンプルなアイテムたちをご紹介します。


ニットガウン:STATE OF MIND
デニム:upper hights

冬のコートにはまだ早い、まさに今の時季に便利なニットガウン。最近は、ざっくりローゲージのカジュアルなニットアウターも多く見かけますが、大人には、みっちり目の詰まった端正なガウンタイプがしっくりきます。秋の正統派ベーシック、という雰囲気が好き♡ こちらは暖かなラムズウールで、ゆったり包まれるようなフォルムもリッチな印象です。

ニットガウンがとっても上品なので、あえてデニムでカジュアルダウンしてみました。クリーンなホワイト×色落ちした水色デニムの組み合わせは、昔から大好き! こういう上品カジュアルのときは、ついついパールを合わせてしまうのが私のわかりやすいクセでして。白ニット・水色デニム・パールネックレスは永遠に好きな組み合わせだなぁ。


ニットガウン:STATE OF MIND
デニム:upper hights

ショールカラーはこんなふうに、ストール風に首にくるりと巻ける仕組み。さりげなくニュアンスが出ていいですね。


タートルニット:STATE OF MIND
ニットガウン:STATE OF IND
パンツ:STATE OF MIND

「ベーシック」といえば、忘れちゃいけないのが端正なテーパードパンツ。トレンド視点なら今はワイドパンツが優勢だけど、大人はテーパードパンツの「正しいかっこよさ」をいつでも身に着けられるようにしておきたいもの。私も、目上のかたと同席する仕事のシーンやきちんと感が欲しい日は、ワイドパンツよりもテーパードパンツ、と決めています。


タートルニット:STATE OF MIND
パンツ:STATE OF MIND

こちらは太すぎず細すぎず、「適正なすっきりテーパード」なのが大人向け。ピタピタだとひと昔前の印象になりがちなので、要注意です。タック入りで、わりとハイウエストなのも私的に外せないポイント! おなか周りがすっきり見えるし今どきのモダンな印象になりますよ。ウエストの長めタブのデザインも、ピリッとしたアクセントに。

手持ちのシンプルパンツが、なんだかあか抜けないなぁ、と感じたら、ぜひ「ハイウエスト&タック入り」に更新してみてください。今っぽいかっこよさを実感するはず!


タートルニット:STATE OF MIND
パンツ:STATE OF MIND

前から見るとキリッときれいなのに、後ろゴムなのもうれしいですよね~。ラクしているように見えないのに、ひそかにゴム入りというボトム、大歓迎です(笑)。


タートルニット:STATE OF MIND
スカート:STATE OF MIND
ブーツ:SARTORE

長めのタイトスカートも、秋のクラシカル気分にぴったり。なにもデザイン性のないプレーンなタイトは、大人の女性には地味見えアラートが鳴りますが、こんなふうにラップ風のひとくせデザインなら安心♡ 今回はタートルネック&ロングブーツを合わせて、クラシカルなタイトスカートを引き立てるスタイリングに。こういうトラッドベースのシンプルシックは、やっぱり秋にこそ映えますね♡


タートルニット:STATE OF MIND
スカート:STATE OF MIND
ブーツ:SARTORE

さらにこちら、よく見ると細かなガンクラブチェック柄。王道のクラシカルだけど、長めの着丈やディテールに今っぽさがあって、大人のこだわりに応える一枚です。

今年は例年以上に、冬が駆け足でやってきそうなですよね。短い秋のシーズン、今しかできないおしゃれを楽しみましょう♪

  • Share :

NAHO MIHIROGI

ファッションエディター。雑誌「Oggi」「Marisol」などを中心に活動。アパレルブランドとの商品開発にも多く携わる。自身のおしゃれルールを公開した著書「マイ ベーシック ノート」(小学館刊)は、シリーズ2冊累計18万部を超えるベストセラーに。