いつもと違うハワイを堪能できるホノルル美術館「シャングリ・ラ邸」

Share :

初めまして、Crossover Realty Hawaii LLCというハワイの不動産会社で、セールスマネージャーをしております、井上雄策(イノウエ ユウサク)と申します。ご縁があって、ゲストリストチームと親しくさせていただいており、今回、ハワイ現地からの情報をご紹介できればということで、ブログの記事を担当させていただくことになりました。こんなカッコイイウェブサイトで、慣れないブログ記事を投稿することに緊張しています!少しでもお楽しみいただければ嬉しいです。

不動産屋ですので、物件の情報も交えつつ、現地に住んでいる一人としてローカルな目線でお話したいと思いますので、宜しくお願い致します。

さて、今日ご紹介するのは、自分がとても好きな場所の一つです。ホノルル美術館に行かれたことのある方は、ご存知かもしれません。SHANGRI LA Museum(シャングリ・ラ邸)って、お聞きになったことありますか?

時は遡って1935年。大富豪の娘、ドリス・デュークさんがハネムーンでハワイに来た時、その素晴らしさに心を奪われた彼女。「ブラックポイント」と呼ばれるダイアモンドヘッドの麓、海の目の前という最高の場所に、彼女は大豪邸を築き上げました。

これが、入り口の写真。とてもシンプルな佇まい。
でも、一度足を踏み入れると、目を奪われる美術品の数々が。

特に、家を建てるのと同じくらいの金額だったと言われるモザイクアートのタイルは圧巻です。

彼女はハワイに来る前、インドやエジプト、シリア、イラン、トルコ等に立ち寄っており、イスラム芸術に魅了されていました。この邸宅の中には、目移りするほどに、彼女が厳選したアートが数多く飾られているのです。

また、「シンメトリー」な配置が至る所で感じられるのも面白いポイント。
左右対称を基調とした配置のせいか、異空間にいる気分。

そして何と言っても、このビュー!不動産屋の性か(笑)、ビューがこんなに良い立地って、探しても簡単には訪れられません。この景色だけでもずっと見ていたいくらい。きっと皆さんも、この場所に立つと、「ハワイに来てよかった」と思うのではないでしょうか。だから、ドリスさんは1993年に80歳で亡くなるまで、この場所をいたく気に入っていたのかもしれませんね。

あまりメジャーな観光スポットではないかもしれませんが、ぜひオススメしたいこのシャングリ・ラ邸。ここへ行くには、ホノルル美術館のウェブサイトから予約します。直接向かうのではなく、美術館に集合して、バスで向かう必要があるので注意してください。

ちょっといつもと違ったハワイを堪能できる場所。そんな私のおすすめスポット、よろしければ足を運んでみてください!

【関連サイト】
HONOLULU MUSEUM

  • Share :

YUSAKU INOUE

不動産セールスマネージャー

Yusaku's Hawaii Life / ゆーさくのハワイライフ

ハワイ州不動産免許、米国税理士免許を所有し、現在、株式会社Crossover Internationalのハワイ法人Crossover Realty Hawaii LLC にてハワイ不動産のセールスマネージャーを担当。2011年よりハワイに移住し仕事を始め、不動産業だけでなく小売店のマネジメントも経験。仕事を通してハワイローカルの文化を学ぶ。INTHEKNOWではハワイの最新情報や、ふとした日常の様子をお届け。