FASHION

コペンハーゲン 特集 - Vol. 9

Share :

さて、本日はupper hightsのビジュアル撮影のお話をさせていただきます。
2019春夏は「Bohemian(ボヘミアン)」をシーズンテーマにしていてここにブランドのフィロソフィーでもあるクリアネスなエッセンスがプラスされています。このテーマを崩さぬように今回upper hightsはロケの撮影をおこないました。

撮影当日はコペンハーゲンのダウンタウンから車を走らせ20分ほどの閑静な住宅街へ。雰囲気でいうならばロンドンとドイツの住宅街を足して2で割ったような感じでしょうか…緑豊かで雨上がりの早朝は草木の香りが心地よく漂い、穏やかな気持ちになりました。

またロケ場所も美しく、築90年経つグラフィックアーティストのご自宅のアトリエを使わせていただき撮影しました。インテリアなどとてもおしゃれで参考になりそうだったので、たくさん写真を撮ってきましたのでご紹介させていただきます。

こちらはアトリエスペース。屋根と壁部分を窓にしているのでアトリエ中を燦々と光が照らしていてとても開放的です。

住居部分のエントランスホールは、シックな花柄の壁紙が一面に貼られて いるのですが、色のトーンが散らかっていないから見事に調和されていて素敵です。

こちらはバスルーム内に飾ってあったアーティストである住人の作品たち。

リビングルームは落ち着いたやさしい色調のスタンドライトとインダストリアルスタイルのデスクライトの2つ使いで間接的にお部屋に光を灯しています。

アトリエにあるオフィススペースにある壁掛け式のオーディオセット。こちらは1990年代のバングアンドオルフセン社製です。オーディオを引き立てるように施されたランプシェードもおしゃれですね。

アトリエに堂々と鎮座する暖炉です。マントルピースのデザインもモダンでずっとこの前で火を見ていたい衝動とずっと戦っていました(笑)

どうでしょうか?とても素敵なお宅ですよね!
僕もいつかはこんなお家に住んでみたいと思ってしまいました。叶いますように(笑)

さて撮影のほうは、天窓や壁一面の窓からちょうどいい光がさすアトリエでスタート。
今回レディースでは「DAY」というフェミニンな素材を使ったドレスやスカートのコレクションラインをスタートさせるので、デニムよりもこちらのアイテムにも焦点を当てたスタイリングをエミリーにしてもらいました。

ですので、いつものupper hightsのビジュアルよりも柔らかいイメージになっています。これらのアイテムをお得意のミリタリージャケットやマウンテンパーカーなどのアイテムにミックスするところも秀逸ですね!

またブルーデニムのカットもトレンドのサスペンダー付きのデニムをオーバーサイズTに合わせてみたり、ワイドレッグのデニムにはボリュームのあるプルオーバーの合わせで、upper hightsらしいボヘミアニズムが上手に表現されていました。

これから春に向け気候もどんどん暖かくなっていきますね。
この春デビューの「DAY」はこれからの季節にたいへん重宝するアイテムです。またホームクリーニングも出来てしまうお手入れのしやすさもうれしいですね!スタイリストやエディターからもご好評をいただいている注目アイテムなので、皆様もぜひこの機会にお試しください。

to be continued…

【関連リンク】
公式Instagram 「upperhights
upper hights

  • Share :

TAISUKE TAKEDA

PRディレクター

Instagram:taitaitainy

PRディレクター。NYより帰国後、THEORY, PLST, True ReligionなどのブランドPRを経て、現在はRED CARD, upper hights, HAUNT, Leminor, GLOVERALLなど国内外のPRを中心に活躍。